消化器内科

ドクター 時間
須田 剛士 午前 再診   新患    
八木 一芳 新患   再診    
阿部 聡司   再診     新患
森田 慎一   新患   再診  
星 隆洋       新患 再診

 

消化器内科は、主に消化管(食道・胃・小腸・大腸)、胆道(胆管・胆のう)、膵臓、肝臓、脾臓などに生じた疾患を対象とする診療科です。日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本肝臓学会指導医資格を有する医師を含む6名体制ですが、消化器外科や放射線科など、他科とも綿密に連携して診断と治療に当たらせていただきます。

外来は、月曜日から金曜日までの午前中、初診の患者さんを診させていただく新患外来と、再来診察の2つの診察室で診療させていただきます。可能な限り予約時間内に診察できるよう心がけますが、急患や重症患者さんへの対応のためにお待たせする場合があることをご理解ください。

入院中は、主治医を中心とした6名のチーム体制で診療させていただきます。不安な事や不明な点がある場合には、看護師を含む近くのスタッフに遠慮なくお尋ねください。

 

疾患名 内容
食道・胃・大腸がん  早期に発見されれば、内視鏡的切除により根治が可能であり、定期的な内視鏡検査によるスクリーニングが推奨されます。また、ヘリコバクター・ピロリの除菌による胃がんの発がん抑制効果は若年者ほど高く、若いうちに確認することが重要です。
炎症性腸疾患  腹痛、下痢、粘血便、発熱などの症状が慢性的に続く、あるいは断続的に繰り返され、体重減少などの栄養不良と成り易い疾患です。食生活の欧米化により我が国でも患者さんが増えています。大腸内視鏡検査を受け、早期に適切な治療を受けることが重要です。
胆石・胆のう炎・胆管炎  突発する右上腹部から心窩部にかけての強い痛みや、吐き気、震えを伴うような高熱などの症状が認められます。細菌が血液の中に入り込み易く、血圧が低下するなどの重篤な状態となることも稀ではありません。腹部超音波検査で胆石が指摘された場合には、医師に相談してください。
胆道がん・すい臓がん 右上腹部から心窩部にかけての鈍痛や背部痛、黄疸などが主な症状です。また、血糖値が急に高くなった場合には、膵臓がんの可能性があり検査を受けましょう。超音波検査では観察が難しい臓器であるため、CTやMRIなどの検査が有用です。
慢性肝炎・肝臓がん B型肝炎やC型肝炎ウイルス肝炎は、飲み薬での治療も可能となってきました。無症状でも、健診や医療機関を受診して一度は感染の有無を確認しましょう。また、肥満を背景とする脂肪肝炎も肝硬変や肝臓がんの原因となります。脂肪肝を指摘された場合には、専門医療機関での精査が推奨されます。

 

須田 剛士

新潟大学地域医療教育センター 特任教授 副病院長・地域医療部長・患者サポートセンター長(消化器内科)

八木 一芳

新潟大学地域医療教育センター 特任教授 診療部長(消化器内科)

森田 慎一

新潟大学地域医療教育センター 特任准教授 消化器内科部長

阿部 聡司

新潟大学地域医療教育センター 特任講師 消化器内科医長

星 隆洋

新潟大学地域医療教育センター 特任助教 消化器内科医長

<業績>

Gastroenterological medicine C 31Oct2015

Gastroenterological medicine E 31Oct2015

Gastroenterological medicine G 31Oct2015

Gastroenterological medicine J 31Oct2015

 

平成30年度(2018.4~2019.3)

 

論文(原著)

 

Kamimura K, Shinagawa-Kobayashi Y, Goto R, Ogawa K, Yokoo T, Sakamaki A, Abe S, Kamimura H, Suda T, Baba H, Tanaka T, Nozawa Y, Koyama N, Takamura M, Kawai H, Yamagiwa S, Aoyagi Y, Terai S.  Effective prevention of sorafenib-induced hand-foot syndrome by dried-bonito broth.  Cancer Manag Res 10: 805-813, 2018.

 

Tamura T, Arai Y, Sone M, Sugawara S, Ishii H, Morita S.  Management of entrapped malecot catheters. Interv Radiol 3: 93-95, 2018.

 

Ichihara S, Kawamura M, Hirasawa K, Yagi K. MUC6-positive cell proliferation in the glandular neck zone of low-grade well-differentited carcinoma. Pathol Int 68: 624-626, 2018.

 

Yagi K, Nagayama I, Hoshi T, Abe S, Morita S, Suda T, Hasegawa G, Sato Y, Terai S. Green epithelium revealed by narrow-band imaging(NBI): a feature for practical assessment of extent of gastric cancer after H.pylori eradication. Endosc Int Open 6 (11): E1289-E1295, 2018.

 

Suda T, Kanefuji T, Abe A, Nagayama I, Hoshi T, Morita S, Yagi K, Hatakeyama S, Hayatsu M, Hasegawa N, Terai S. A cut-off value of shear wave speed to distinguish nonalcoholic steatohepatitis candidates. Medicine 98 (2): e13958, 2019.

 

論文(総説)

 

Yagi K, Nagayama I, Hoshi T, Abe S, Morita S, Suda T, Sato Y, Terai S.  Gastric cancer after H.pylori eradication therapy develops in the intermediate zone. Relationship to spasmolytic polypeptide-expressing metaplasia. Open Access Journal of Surgery ID.555751, 2018.

 

八木一芳小田知友美星 隆洋森田慎一、兼藤 努、須田剛士、寺井崇二. H.pylori除菌後発見胃癌の内視鏡診断と除菌の功罪 胃と腸  53 (5): 672-683, 2018.

 

八木一芳小田知友美星 隆洋森田慎一、兼藤 努、須田剛士、寺井崇二. 拡大内視鏡が慢性胃炎の診断をどう変えたか. 胃と腸 53 (11): 1425-1437, 2018.

 

論文(症例報告)

 

Morita S, Kamimura K, Suda T, Oda C, Hoshi T, Kanefuji T, Yagi K, Terai S. Endoscopic ultrasound-guided transmural drainage for subphrenic abscess: report of two cases and a literature review. BMC Gastroenterol 18 (1): 55, 2018.

 

Tsuchiya A, Ogawa M, Watanabe Y, Kimura N, Hayashi K, Suda T, Terai S. Successful treatment of aortic dissection during sorafenib therapy for hepatocellular carcinoma. Clin Case Rep 6 (8): 1643-1644, 2019.

 

Morita S, Suda T, Oda C, Kobayashi M, Hoshi T, Kanefuji T, Yagi K, Hasegawa G, Terai S. Value of 18F-FDG PET scan for Diagnosis of Intertrabecular Vertebral Metastasis in a Case of Small Cell Lung Carcinoma with a High Serum CEA.  Intern Med 58 (3): 415-48, 2019.

 

Tsuchiya A, Suda T, Oda C, Kimura A, Hosaka K, Kimura N, Tominaga K, Hayashi K, Takamura M, Terai S. EpCAM- and/or NCAM-Expressing Hepatocellular Carcinoma in Which Behavior of Hepatic Progenitor Cell Marker-Positive Cells Are Followed. Case Rep Gastroenterol 13: 118-124, 2019.

 

著書

 

Yokoo T, Kamimura K, Kanefuji T, Suda T and Terai S.  Nucleic Acid-Based Therapy. Development of a Nonviral-Based Delivery Approach IntechOpen: 3-20, 2018.

 

学会・研究会・講演会

 

Yagi K. Magnifying endoscopic diagnosis of gastritis and gastric cancer, especially post-eradicated mucosa and cancer. Chinease Association of Digestive Disease, 講演, 遵義(中国), 2018/6/24.

 

Morita S, Oda C, Hoshi T, Kanefuji T, Yagi K, Suda T, Terai S. Advancement of percutaneous drainage of abdominopelvic abscess in safety; an US-guided puncture with real-time image fusion system. Cardiovascular Interventional Radiological Society of Europe 2018, ポスター, リスボン(ポルトガル), 2018/9/25-27.

 

Yokoo T, Kanefuji T, Suda T, Kimura N, Setsu T, Kamimura H, Sakamaki A, Kamimura K, Tsuchiya A, Takamura M, Yamagiwa S, and Terai S. A Rational Arrangement of Measuring Shear Wave Speed in the Liver Evoked By Acoustic Radiation Force Impulse. AASLD The Liver Meeting, ポスター, サンフランシスコ(米国), 2018/11/9-13.

 

Yagi K. Endoscopic features of gastritis after eradication therapy and Green epithelium: the method of distingush cancer from gastritis by NBI. Micro-invasive technique, Bowel disease & Prevention and early diagnosis of colorectal neoplasm, 講演, 北京(中国), 2018/11/11.

 

Morita S, Nagayama I, Hoshi T, Abe S, Kanefuji T, Yagi K, Suda T, Terai S. Endoscopic transpapillary biliary biopsy using the sheath of a plastic stent with a non-return valve. Asian Pacific Digestive Week 2018, ポスター, ソウル(韓国), 2018/11/15-17.

 

Nagayama I, Suda T, Kanefuji T, Hoshi T, Abe A, Morita S, Yagi K, Terai S.  A gravity-assisted liver stiffness measurement. Asian Pacific Digestive Week 2018, 口演, ソウル(韓国), 2018/11/15-17.

 

Yagi K.  Endoscopic features of gastritis after eradication therapy and Green epithelium: the method of distingush cancer from gastritis by NBI. The 3rd Shandong University cconferance on early detection and treatment of gastrointestinal tumor, 講演, 済南(中国), 2018/11/25.

 

八木一芳、佐藤祐一、寺井崇二. 除菌後胃癌の好発部位としての中間帯の検討. 第104回日本消化器病学会総会, パネルディスカッション, 東京, 2018/4/19.

 

須田剛士、兼藤 努、寺井崇二. 非アルコール性脂肪肝炎候補者の選別と、肥満と独立した特徴の抽出. 第104回日本消化器病学会総会, 口演, 東京, 2018/4/21.

 

八木一芳. 除菌後胃粘膜と除菌後発見胃癌の内視鏡的特徴像と組織像. 十日町消化器セミナー, 講演会, 十日町, 2018/4/27.

 

八木一芳、佐藤祐一、寺井崇二.  NBI内視鏡で観察される除菌後胃癌背景粘膜のgreen epitheliumの組織学的検討. 第95回日本消化器内視鏡学会総会, パネルディスカッション, 東京, 2018/5/10.

 

八木一芳. 胃の拡大内視鏡診断の実際 除菌後発見胃癌へのアプローチを含めて. 第577回東海胃腸疾患研究会, 講演会, 名古屋, 2018/5/18.

 

森田慎一小田知友美星 隆洋、兼藤 努、八木一芳須田剛士、寺井崇二. 同時性多発胆管癌の一例. 第62回日本消化器病学会甲信越支部例会, 口演, 松本, 2018/5/26.

 

八木一芳. 除菌後胃粘膜と除菌後発見胃癌の内視鏡的特徴像と組織像. 第15回鈴鹿消化管研究会, 講演, 鈴鹿, 2018/6/8.

 

八木一芳. 除菌後胃粘膜と除菌後発見胃癌の内視鏡的特徴像と組織像. 札幌拡大内視鏡研究会, 講演, 札幌, 2018/6/11.

 

須田剛士、佐藤俊大、寺井崇二.  うっ血病態における肝線維化進展指標の確立. 第54回日本肝臓学会総会, ワークショップ, 大阪, 2018/6/14-15.

 

須田剛士、兼藤 努 、阿部 惇永山逸夫小田知友美星 隆洋阿部聡司森田慎一八木一芳、寺井崇二. 健診におけるNASH拾い上げのための肝硬度の閾値設定と肝硬度からみたNAFLD肝癌の特徴. 第54回日本肝癌研究会, パネルディスカッション, 久留米, 2018/6/28.

 

八木一芳. H.pylori除菌後胃癌 除菌後胃粘膜内視鏡像の特徴と除菌後発見胃癌. 消化器Forum in Kashiwazaki, 講演, 柏崎, 2018/7/5.

 

八木一芳. 除菌後胃癌は中間帯から発生している その機序の解明への道. 新潟医学会7月例会, 講演, 新潟, 2018/7/21.

 

八木一芳. 除菌後胃粘膜と除菌後発見胃癌の内視鏡的特徴像と組織像. 逢妻川GI conference 2018, 講演, 豊田, 2018/9/1.

 

須田剛士. よくわかる肝臓健康講座. 肝炎講演会(魚沼保健所肝炎相談事業), 講演, 小出, 2018/9/5.

 

八木一芳. 除菌後胃粘膜内視鏡像の特徴と除菌後発見胃癌. 京都消化器医会定期学術講演会, 講演, 京都, 2018/9/8.

 

八木一芳. H.pylori除菌to見胃癌の内視鏡診断 拡大内視鏡によるアプローチを中心に. Gastro-esophageal Forum 2018, 講演, 宇都宮, 2018/9/27.

 

八木一芳. H.pylor除菌と胃癌の内視鏡診断 拡大内視鏡によるアプローチを中心に. 第13回奈良消化器がん懇話, 講演, 奈良, 2018/9/27.

 

八木一芳. 除菌後胃粘膜と除菌後発見胃癌の内視鏡的特徴像と組織像. 第4回滋賀消化器疾患シンポジウム, 講演, 草津, 2018/9/28.

 

八木一芳. 除菌後胃粘膜と除菌後発見胃癌の内視鏡的特徴像と組織像. 第81回病理診断講座, 講演, 盛岡, 2018/10/7.

 

八木一芳. 除菌後胃粘膜と除菌後発見胃癌の内視鏡的特徴像と組織像. 第23回KOTO病理学セミナー, 講演, 京都, 2018/10/12.

 

星 隆洋.  症例検討会における症例提示. 第1回新潟奈良拡大内視鏡研究会, 口演, 奈良, 2018/10/13.

 

八木一芳. 胃癌とピロリ菌. 魚沼基幹病院市民講座, 講演, 南魚沼, 2018/10/28.

 

須田剛士、兼藤 努、小田知友美星 隆洋森田慎一八木一芳、寺井崇二. NAFLDにおける肝細胞癌発がんの特徴. JDDW 2018, ポスター, 神戸, 2018/11/1-4.

 

森田慎一永山逸夫星 隆洋阿部聡司、兼藤 努、八木一芳、寺井崇二. 外瘻ドレナージ先行の超音波内視鏡下胆道ドレナージの有用性. 第85回日本消化器内視鏡学会甲信越支部例会, 口演, 松本, 2018/11/17.

 

八木一芳. 除菌後胃粘膜と除菌後発見胃癌の内視鏡的特徴像と組織像. 第16回東北消化器内視鏡懇話会, 講演, 山形, 2018/11/17.

 

八木一芳. 除菌後胃粘膜と除菌後発見胃癌の内視鏡的特徴像と組織像. 第107回大垣消化器懇話会, 講演, 大垣, 2018/11/30.

 

大﨑暁彦、和栗暢生、渡辺史郎、須田剛士、窪田智之、兼藤 努、佐藤俊大、土屋淳紀、高村昌昭、寺井崇二. NAFLD診療体系構築における肝硬度測定の意義. 第42回日本肝臓学会東部会, 口演, 東京, 2018/12/7.

 

窪田智之、兼藤 努、須田剛士、大崎暁彦、和栗暢生、渡辺史郎、佐藤俊大、土屋淳紀、高村昌昭、寺井崇二. 音響放射圧を用いた肝硬度測定の標準化に向けた取り組み. 第42回日本肝臓学会東部会, 口演, 東京, 2018/12/7.

 

八木一芳永山逸夫星 隆洋阿部聡司森田慎一須田剛士、佐藤祐一、寺井崇二. NBIでは除菌後胃癌は茶色に見えることが多い。その原理と有用性. 第15回消化管学会総会学術集会, シンポジウム, 佐賀, 2019/2/2.

 

研究費(科学研究費)

 

八木一芳: 代表 基盤研究(C) 19K08389 胃癌発生腺管の3D組織構築と遺伝子解析からの検討. 2019 - 2022

 

八木一芳: 分担 基盤研究(C) 19K08462 小腸絨毛基底膜における「窓」の脂肪吸収に対する調節機能の解明. 2019 - 2021

 

過去の研究・業績集はこちらをご覧ください。

研究・業績集