診療放射線

 

 

放射線技術科ではX線を使用して胸部や骨などを撮影する一般撮影、体の横断像等を撮像するCT検査、血管撮影、乳房撮影、磁気を利用したMRI検査、放射性医薬品を使用して骨や内臓の形や機能を調べる核医学検査、そして放射線治療などを行っています。

また、放射線被ばくの管理、放射線機器や画像情報の管理なども重要な業務の一部となっています。

 

体内の骨や臓器の情報を画像化する放射線検査は現代医療の中で大変重要な一部分を占めています。放射線技術科では放射線科医の協力の下、放射線と画像のプロフェショナルとして、より少ない放射線被ばく線量でより高品質な画像をより短時間に提供していくことを心掛けています。また放射線治療装置(リニアック)は魚沼地域で初めて導入されました。地域医療の中で高度・急性期医療を担う当院としては、365日24時間緊急検査に対応できる体制作りと共に、安全で高精度な放射線治療を提供することは必須と考えています。準備が整い次第、定位放射線治療など、より高精度な放射線治療を順次提供して行きたいと思います。


 

全ての人が納得し、安心、安全、確実な放射線診療に貢献する。

部門方針

  • 最新の知識や技術の習得に努め、高品質な画像情報と高精度な放射線治療を提供する。
  • 放射線量の最適化を行い、放射線被ばくの低減に努める。
  • 他部門と連携し、情報を共有しながらチーム医療に貢献する。
  • 広い視野と広い知識を持ち、情報発信ができる診療放射線技師を育成する。

 

部門体制(平成30年4月1日現在)

診療放射線技師   23名
放射線治療科医師   1名
放射線診断科医師   1名
受付         2名

 

認定資格等保有スタッフ

  • 検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師
  • X線CT認定技師
  • 救急撮影認定技師
  • 第一種放射線取扱主任者
  • 医療情報技師
  • 放射線治療専門放射線技師
  • 放射線治療品質管理士     等

 

時間外勤務体制

平日:宿直(代休制)1名+拘束1名
土日祭日:日直(代休制)、宿直(代休制)+拘束1名(拘束者は1名で24時間対応)

 

設置装置

  • 一般撮影装置 4台
  • X線透視装置 1台
  • CT装置 2台
  • MRI装置 2台
  • 血管撮影装置(アンギオ1台、心カテ1台)
  • 歯科撮影装置(デンタル1台、パノラマ・セファロ・CBCT1台)
  • マンモグラフィー装置 1台
  • 骨塩定量装置 1台、
  • 核医学検査装置(SPECT1台、SPECT-CT1台)
  • 放射線治療(リニアック1台、動体追跡システム、治療計画用CT)
  • ポータブル撮影装置 4台
  • 内視鏡X線透視2台、移動型外科用イメージ4台

 

スキルアップ

各種認定・専門技師の資格取得を目標にすることは個人のスキルアップだけではなく、放射線技術科全体のスキルアップにも繋がります。また放射線技師の読影能力を向上させることは検査の質の向上に寄与するだけでなく医師の負担軽減にも繋がると考えています。技師の読影能力の向上や資格の取得、勉強会・研修会等への参加に対し放射線技術科全体で積極的に支援して行きます。

 

教育方針-使用なし

平成30年度(2018.4~2019.3)

 

論文(原著)

 

Tanabe S, Umetsu O, Sasage T, Utsunomiya S, Kuwabara R, Kuribayashi T, Takatou H, Kawaguchi G, Aoyama H. Clinical commissioning of a new patient positioning system, SyncTraX FX4, for intracranial stereotactic radiotherapy. J Appl Clin Med Phys 19 (6): 149-158, 2018.

 

学会・研究会・講演会

 

Sasage T, Tanabe S, Utsunomiya S, Umetsu O, Kuwabara R, Kuribayashi T, Takatou H, Kawaguchi G, Aoyama H. Commissioning of a novel real-time tracking radiotherapy system with four X-ray tubes and flat panel detectors. AAPM 60th Annual Meeting and Exhibition, ポスター, Nashville(米国), 2018/7/29-8/2.

 

山田尚史. もしのために!災害時アクションカード作成について. 2018年新潟県立病院放射線技術学会, 口述, 上越, 2018/6/16.

 

松本一則. 全脊椎CT撮影における生データを活用した脊椎外病変スクリーニングの有用性. 平成30年度関東甲信越診療放射線技師学術大会, 口述, 新潟, 2018/6/30-7/1.

 

松本一則. その検査に想いを-「志」は検査前から検査後まで」-. 第15回新潟CTテクノロジー研究会, 講演, 新潟, 2018/7/21.

 

桑原亮太. 魚沼基幹病院におけるSyncTraX FX4の過去・現在・未来. 第15回新潟放射線治療技術懇話会, 口演,新潟, 2018/7/21.

 

松本一則. 当院CT検査における依頼医への疑義照会ならびに画像所見の情報伝達の現状と有用性について. 第34回日本診療放射線技師学術大会, 口述, 下関, 2018/9/21-23.

 

栗林俊輝桑原亮太梅津 修、棚邊哲史、宇都宮悟、捧 俊和高頭浩正. 4管球4検出器型動体追跡放射線治療システムを用いた位置照合における被ばく線量を考慮した至適撮像条件の検討. 第46回日本放射線技術学会秋季学術大会, 口演, 仙台, 2018/10/4-6.

 

捧 俊和、棚邊哲史、梅津 修、宇都宮悟、桑原亮太栗林俊輝川口 弦高頭浩正、青山英史. 頭頸部放射線治療における動体追跡システムSyncTraX FX4を用いた位置精度評価. 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 口演, 京都, 2018/10/11-13.

 

棚邊哲史、梅津 修捧 俊和、宇都宮悟、桑原亮太栗林俊輝川口 弦高頭浩正、青山英史. 肺定位放射線治療における高線量率動体追跡強度変調回転照射の予備的検討. 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, ポスター, 京都, 2018/10/11-13.

 

松本一則. 既知の造影条件で得られた肝臓CT値を用い次回造影条件を決定するための基礎的検討. 第8回東北放射線医療学術大会, 口述, 盛岡, 2018/11/3-4.

 

棚邊哲史. 脳定位放射線治療におけるPatient QAの意義とピットフォール. 平成30年度がん拠点病院放射線治療研修会, 講演,新潟, 2018/11/9.

 

國井正之. 当院のTc心筋シンチプロトコル. 第5回P-NET研究討論会, 口述, 新潟, 2018/11/10.

 

山田尚史. BLSのご紹介. 新潟救急撮影研究会 第2回潟Qミーティング, 口述, 長岡, 2018/11/23.

 

捧 俊和. 魚沼基幹病院における放射線治療の過去・現在・未来. 第26回新潟放射線治療研究会, 講演, 新潟, 2019/1/26.

 

捧 俊和、棚邊哲史、梅津 修、宇都宮悟、桑原亮太栗林俊輝川口 弦高頭浩正、青山英史. 動体追跡システムSyncTarX FX4を用いたカウチ角度による位置照合精度評価. 第26回新潟放射線治療研究会, 口演, 新潟, 2019/1/26.

 

棚邊哲史. SyncTraXの高線量率対応. 第1回島津ユーザー会, 講演, 東京, 2019/3/1.

 

梅津 修、棚邊哲史、捧 俊和桑原亮太栗林俊輝、宇都宮悟、高頭浩正川口 弦、青山英史. 初期導入に伴う4管球型動体追跡放射線治療用装置の長期安定性評価. 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, ポスター, 東京, 2019/3/2.

 

棚邊哲史、梅津 修桑原亮太栗林俊輝捧 俊和高頭浩正川口 弦、宇都宮悟、青山英史. 最大線量率2,400 MU/minを用いた動体追跡放射線治療に向けたSyncTraX FX4システムにおけるFPDビニングモードの特性評価. 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, ポスター, 東京, 2019/3/2.

 

棚邊哲史. 画像誘導放射線治療. 第7回JASTRO放射線治療・物理学セミナー, 講演, 仙台, 2019/3/24.

 

棚邊哲史. 動体追跡システム SyncTraX FX4 を用いた放射線治療の現状と展望. 第53回臨床医学物理研究会, 講演, 東京, 2019/3/30.

 

松本一則. バックボードを使用した頭部CT撮影において非使用時と同等な撮影線量をCT-AECで設定するための基礎的検討. 第21回日本臨床救急医学会総会・学術集会, 口述, 名古屋, 2018/2/1(補遺).

 

研究費(その他)

 

川口 弦: 島津製作所共同研究費 動体追跡放射線治療におけるIMRT/VMATに関する研究. 2018 - 2019

 

過去の研究・業績集はこちらをご覧ください。

研究・業績集