消化器内科

ドクター 時間
須田 剛士 午前 再診   新患    
八木 一芳     再診    
兼藤 努   再診     新患
森田 慎一   新患   再診  
星 隆洋       新患 再診
小田 知友美 新患        

 

消化器内科は、主に消化管(食道・胃・小腸・大腸)、胆道(胆管・胆のう)、膵臓、肝臓、脾臓などに生じた疾患を対象とする診療科です。日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本肝臓学会指導医資格を有する医師を含む6名体制ですが、消化器外科や放射線科など、他科とも綿密に連携して診断と治療に当たらせていただきます。

外来は、月曜日から金曜日までの午前中、初診の患者さんを診させていただく新患外来と、再来診察の2つの診察室で診療させていただきます。可能な限り予約時間内に診察できるよう心がけますが、急患や重症患者さんへの対応のためにお待たせする場合があることをご理解ください。

入院中は、主治医を中心とした6名のチーム体制で診療させていただきます。不安な事や不明な点がある場合には、看護師を含む近くのスタッフに遠慮なくお尋ねください。

 

疾患名 内容
食道・胃・大腸がん  早期に発見されれば、内視鏡的切除により根治が可能であり、定期的な内視鏡検査によるスクリーニングが推奨されます。また、ヘリコバクター・ピロリの除菌による胃がんの発がん抑制効果は若年者ほど高く、若いうちに確認することが重要です。
炎症性腸疾患  腹痛、下痢、粘血便、発熱などの症状が慢性的に続く、あるいは断続的に繰り返され、体重減少などの栄養不良と成り易い疾患です。食生活の欧米化により我が国でも患者さんが増えています。大腸内視鏡検査を受け、早期に適切な治療を受けることが重要です。
胆石・胆のう炎・胆管炎  突発する右上腹部から心窩部にかけての強い痛みや、吐き気、震えを伴うような高熱などの症状が認められます。細菌が血液の中に入り込み易く、血圧が低下するなどの重篤な状態となることも稀ではありません。腹部超音波検査で胆石が指摘された場合には、医師に相談してください。
胆道がん・すい臓がん 右上腹部から心窩部にかけての鈍痛や背部痛、黄疸などが主な症状です。また、血糖値が急に高くなった場合には、膵臓がんの可能性があり検査を受けましょう。超音波検査では観察が難しい臓器であるため、CTやMRIなどの検査が有用です。
慢性肝炎・肝臓がん B型肝炎やC型肝炎ウイルス肝炎は、飲み薬での治療も可能となってきました。無症状でも、健診や医療機関を受診して一度は感染の有無を確認しましょう。また、肥満を背景とする脂肪肝炎も肝硬変や肝臓がんの原因となります。脂肪肝を指摘された場合には、専門医療機関での精査が推奨されます。

 

須田 剛士

副病院長 新潟大学地域医療教育センター 教授(肝・胆・膵内科)

八木 一芳

診療部長 新潟大学地域医療教育センター 教授(消化器内科)

兼藤 努

新潟大学地域医療教育センター 准教授(肝・胆・膵内科) 消化器内科部長

森田 慎一

新潟大学地域医療教育センター 講師(肝・胆・膵内科) 消化器内科医長

星 隆洋

新潟大学地域医療教育センター 助教(消化器内科) 消化器内科医長

小田 知友美

消化器内科医師(後期研修)