腎臓内科

ドクター 時間
飯野 則昭 午前        ○
甲田 亮        
土田 雅史        
大学医師        

 

腎臓内科では、血尿・蛋白尿といった尿の異常から発見される慢性腎炎に対する医療、末期腎不全となり腎代替療法(血液透析、腹膜透析、移植に向けた準備)が必要になった場合の医療など腎疾患全般にわたる診療を行っています。

多くの腎疾患は自覚症状に乏しく、慢性に経過するため、病院に来たとき既に腎機能が低下していることも稀ではありません。腎疾患は生活そのものが治療と密接に関係するため、医師だけでなく看護師、薬剤師、管理栄養士など多職種のスタッフが連携し、お互いの得意な面から診療を支え合えるような体制を目指しています。

当科は腎疾患診療における地域の基幹病院として、地域との連絡を密に取り、よりよい医療が提供できるように努力を続けたいと思います。

 

疾患名 内容
慢性腎炎 血尿・蛋白尿などの尿異常から発見される病気です。発症直後は自覚症状は無く、自発的に検診などを受けないと発見される機会を逃してしまう可能性があります。通常、腎生検という検査を行い診断を確定させた後に治療を行います。腎生検のために、約1週間の入院が必要となり、その後の治療内容により入院期間が決まります。
ネフローゼ症候群 急激に全身の浮腫が生じ、尿検査で大量の蛋白尿を認める疾患です。入院の上、腎生検で確定診断後に、免疫抑制薬(ステロイドなど)で治療を行います。入院期間は4−8週程度必要な場合が多いです。
慢性腎不全 何らかの原因で時間をかけて腎機能が低下した状態の総称です。腎臓の本来の役割である、水分調整、電解質維持、ホルモン臓器としての機能が障害されます。病態に応じて、症状を取り除く治療が行われます。薬物などで、機能の代替が困難になった場合、腎代替療法が必要になります。当院ではライフスタイルに合わせて、血液透析、腹膜透析のどちらかを選択していただけます。また、ドナー候補がいる場合には腎臓移植の準備を行い、移植可能な施設へ紹介することも治療選択肢に加わります。
当科で行う手術 内シャント設置術、人工血管移植術、血栓除去術、腹膜透析カテーテル留置術・抜去術、腹膜透析カテーテル位置異常修復術など
当科で行う検査 腎生検、精密腎機能検査、シャント造影、シャントPTAなど

 

飯野 則昭

新潟大学地域医療教育センター 教授(腎・膠原病内科) 腎臓内科部長

甲田 亮

新潟大学地域医療教育センター 助教(腎・膠原病内科) 腎臓内科医長

土田 雅史

腎臓内科医長

論文などの情報はありません。