消化器外科・一般外科

ドクター 時間
小杉 伸一 午前        
角南 栄二        
平野 謙一郎        
松澤 岳晃        
佐藤 洋        
(新患外来) 午前
角南すなみ 栄二 午後   ○※      

※乳腺外来(予約制)

当科では良性および悪性の消化器疾患・乳腺疾患、腹部救急疾患、鼠径部ヘルニアに対する外科治療を行います。常勤医4名と新潟大学からの出張医で診療を行います。新潟大学を中心とした県内関連病院と連携して、魚沼地域に高度医療を提供します。

 

疾患名 内容
上部消化管 主な対象疾患は胃癌、食道癌、消化管間質腫瘍(GIST)です。早期の胃癌、食道癌に対しては腹腔鏡や胸腔鏡を用いた低侵襲手術を行います。進行した胃癌、食道癌に対しては、手術を中心に抗癌剤や放射線治療を組み合わせた集学的治療を行います。GISTに対しては内視鏡と腹腔鏡を組み合わせて、必要最小限の切除となるような手術を行います。
下部消化管 主な対象疾患は大腸癌(結腸癌と直腸癌)です。根治性(がんが治る可能性)を高く保ちつつ、高齢の方にも体の負担の少ない腹腔鏡手術を積極的に行います。また内外痔核・脱肛などの肛門疾患に対する治療を行います。手術は必要最小限とし、薬で改善を図る治療を心がけています。
肝臓・胆道・膵臓 主な対象疾患は肝癌(原発性と転移性)、胆道癌、膵癌、胆石症です。肝胆膵の悪性疾患に対する手術は複雑で大がかりになるものが多いのですが、患部を切除し、なおかつ体への負担を最小限にする治療を行います。胆道疾患で最も多い胆石症については腹腔鏡手術を第一選択とし入院や社会復帰までの日数を短縮します。
乳腺 乳腺疾患全般を対象としていますが、特に乳癌の検査・診断・治療(手術や術前・術後の補助薬物療法)、再発に対する集学的治療を行います。診断・治療に関わる放射線科や病理部、手術の際に不可欠な麻酔科と連携して、質の高い治療を提供します。また近隣の病院や診療所と協力して、地域医療を支えていきたいと考えています。
鼠径部ヘルニア 鼠径部ヘルニア(脱腸)は手術以外に治す方法はありませんので、元気で活動性の高い方には手術をお勧めしています。当科では、従来の手術(鼠径部切開による修復術)と傷の小さい腹腔鏡手術を行っています。また麻酔法も、全身麻酔、腰椎麻酔、局所麻酔がありますので、患者さんの状態や希望も考慮しながら、最適な治療法を選択したいと思います。ぜひお気軽にご相談ください。

 

小杉 伸一

新潟大学地域医療教育センター 教授(消化器外科) 消化器外科・一般外科部長

角南 栄二

消化器外科・一般外科部長

平野 謙一郎

消化器外科・一般外科部長

松澤 岳晃

新潟大学地域医療教育センター 講師(消化器外科) 消化器外科・一般外科医長

佐藤 洋

新潟大学地域医療教育センター 助教(消化器外科) 消化器外科・一般外科医長

論文などの情報はありません。