脳神経外科

ドクター 時間
秋山 克彦 午前  
関 泰弘    
米岡 有一郎    
大学医師        

●は隔週で交替

※木曜日は医師が交代で担当

当科では急性硬膜下血腫、慢性硬膜下血腫、脳挫傷等の頭部外傷、神経膠腫、髄膜腫、聴神経腫瘍、下垂体腫瘍などの各種脳腫瘍、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳卒中などの脳血管障害、顔面けいれん、三叉神経痛、難治性てんかんなどの機能的脳神経外科疾患、特発性正常圧水頭症、先天性水頭症、先天奇形などの小児神経外科疾患等、脳神経外科疾患全般にわたって、新潟大学脳神経外科学教室と連携して対応しております。外来受診に当たって、新患は月〜金曜日に受け付けていますが、前医からの紹介状やCT・MRIなどの画像情報があると診察が円滑に進みます。

疾患名 内容
頭部外傷 頭部外傷全般について手術対応可能です。
脳血管障害 脳梗塞・脳出血・くも膜下出血等の治療を行っております。脳出血においては定位脳手術装置による血腫除去、神経内視鏡による血腫除去も可能です。またくも膜下出血に対しては脳動脈瘤に対し開頭手術や新潟大学脳神経外科血管班による血管内手術も行っております。
良性能腫瘍 髄膜腫に対する手術が可能です。聴神経腫瘍、下垂体腫瘍などの各種脳腫瘍は新潟大学脳神経外科腫瘍班と連携し対応しております。
悪性脳腫瘍 神経膠腫や悪性リンパ腫等の悪性脳腫瘍は、平成27年12月より、手術・放射線治療・化学療法が可能となります。
小児脳外科疾患 先天性水頭症、先天奇形などの小児神経外科疾患等は、新潟大学脳神経外科小児班と連携し、治療を行っております。神経内視鏡を使った水頭症の治療等が可能で、緊急時の対応も可能です。
老年脳神経外科疾患 特発性正常圧水頭症や嚢胞性疾患に伴う認知症等の手術治療が可能です。

 

米岡 有一郎

新潟大学地域医療教育センター 特任教授 脳神経外科部長

秋山 克彦

診療部長

関 泰弘

脳神経外科部長

令和元年度(2019.4~2020.3)

 

論文(原著)

 

Sato K, Awaji M, Inagawa S, Yoneoka Y, Yoshimura J, Yoshimura N, Aoyama H.

Detectability of the choroid plexus of the third ventricle with magnetic resonance ventriculography.

Japanese journal of radiology 37(4): 449-457, 2019.

 

学会・研究会・講演会

 

米岡有一郎、岡田正康、中村公彦、平石哲也、佐野正和、大石誠、関泰弘秋山克彦、藤井幸彦.

経鼻内視鏡下頭蓋咽頭腫摘出における下垂体機能温存の可能性.

第92回日本内分泌学会学術総会(口演)                      

(仙台, 2019年5月9-11日)

 

米岡有一郎.

内視鏡下経鼻手術の展開.

最終回 阿賀北脳神経外科懇話会(口演)                       

(新潟, 2019年6月7日)

 

米岡有一郎秋山克彦関泰弘.

小児くも膜嚢胞に合併した外傷機転を特定できない急性硬膜下血腫.

第47回日本小児神経外科学会(口演)                      

(新潟, 2019年6月14-15日)

 

米岡有一郎関泰弘秋山克彦、高尾哲郎、河辺啓太、神保康志、川口正.

意識障害で発症した下垂体卒中.

第109回新潟内分泌代謝同好会(口演)                       

(新潟, 2019年6月15日)

 

米岡有一郎秋山克彦関泰弘.

魚沼夫婦春秋.

第76回新潟脳卒中研究会(口演)                          

(新潟, 2019年6月29日)

 

米岡有一郎秋山克彦関泰弘.

下垂体卒中に対する外科治療.

第20回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会(口演)              

(東京, 2019年9月13-14日)

 

米岡有一郎、岡田正康、中村公彦、平石哲也、佐野正和、大石誠、関泰弘秋山克彦、藤井幸彦.

内視鏡下経鼻経蝶形骨洞下垂体腺腫摘出術における効果的な綿片使用法.

第24回日本脳腫瘍の外科学会(口演)                       

(浜松, 2019年9月13-14日)

 

米岡有一郎秋山克彦関泰弘.

下垂体卒中に対する外科治療.

日本脳神経外科学会 第78回学術総会(口演)                  

(大阪, 2019年10月9-12日)

 

米岡有一郎、岡田正康、中村公彦、平石哲也、佐野正和、大石誠、関泰弘秋山克彦、藤井幸彦.

内視鏡下経鼻経蝶形骨洞手術における止血,視野確保,髄液漏阻止に対する準備と工夫.

第26回日本神経内視鏡学会総会(口演)                      

(横浜, 2019年11月7-8日)

 

米岡有一郎秋山克彦関泰弘.

意識障害で発症した下垂体卒中.

第29回内分泌代謝Update(口演)                        

(高知, 2019年11月29-30日)

 

米岡有一郎秋山克彦関泰弘.

搬入時 Hunt and Kosnik Grade V,WFNS Grade V, JCS=300,両瞳孔散大で対光反射のないくも膜下出血への対

応,49歳例.

第73回新潟脳神経外科懇話会(口演)                       

(新潟, 2019年12月13日)

 

米岡有一郎関泰弘秋山克彦日向裕大小原伸雅.

頭蓋咽頭腫の周術期内分泌機能.

第110回内分泌代謝同好会(口演)                        

(新潟, 2019年12月13日)

 

米岡有一郎、藤井幸彦.

経鼻内視鏡下頭蓋咽頭腫摘出術における下垂体・下垂体柄温存.

第29回日本間脳下垂体腫瘍学会(口演)                     

(大阪, 2020年2月22-23日)

 

米岡有一郎、岡田正康、中村公彦、平石哲也、佐野正和、大石誠、関泰弘秋山克彦、藤井幸彦.

経鼻内視鏡下頭蓋咽頭腫摘出における下垂体機能温存の可能性.

第56回日本脳神経外科学会 東北支部会(口演)                   

(新潟, 2020年3月16日)

 

※過去の研究業績集はこちら

Annals of UKB(業績集)