整形外科

ドクター 時間
生越 章 午前 新患 新患 再診  

再診

平野 徹 再診*1 再診   新患

 

白旗 正幸 再診 新患   再診*3  
目良 恒 再診*2   再診 新患  
植木 将人   再診     新患
佐野 博繁 新患   新患 再診  
荒引 剛 新患 再診 再診    
五十嵐 哲也     新患 再診  
鄭 賢晧     新患   再診

大学医師

      再診*3 再診*4

受付時間 8:30~11:00

新患月曜日 第1、5週 生越医師 第2、4週 荒引医師 第3週 佐野医師

新患火曜日 第1、3、5週 白旗医師 第2、4週 生越医師

新患水曜日 第1週 鄭医師 第2、4、5週 佐野医師 第3週 五十嵐医師

新患木曜日 第1、2、3、5週 目良医師 第4週 平野医師

*1 再診月曜日 平野医師 第3週 休診

*2 再診月曜日 目良医師 第1週 休診

*3 再診木曜日 第4週 大学医師

*4 再診金曜日 第4週 靭帯骨化症・特殊疾患外来

整形外科は運動器の疾患全般をお子さんから超高齢者まで幅広く診療しています。具体的には捻挫、骨折、脱臼、指切断などの外傷や、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性関節症などの変性疾患、手足や背中のしこり(軟部腫瘍)、転移性骨腫瘍を含む骨の腫瘍などが対象です。当院の24時間365日地域住民の健康を守るという方針にのっとって、救急科・内科・麻酔科・その他の外科系医師と協力して、外傷への迅速かつ的確な対応を目指しております。また脊椎(せぼね)の疾患を専門としている医師も常勤していますので、幅広い疾患への対応が可能です。

 

疾患名 内容
大腿骨近位部骨折 高齢者が自宅で転倒してももの付け根を骨折することが多く、整形外科の手術症例で最も多いものです。入院当日を含め、可能な限り早期に手術を行い、迅速に社会復帰できるように努めています。
骨粗鬆症 高齢になって骨がもろくなるとわずかな力で骨折が生じ、寝た切りになりやすくなります。最新鋭の骨密度測定装置を導入し、正確な診断とそれぞれの患者さんにあった治療法を行っています。
脊椎疾患 腰痛、手足のしびれなどは脊椎疾患から生じることが大変多いものです。最新鋭のCT,MRI等を用いた正確な診断と、手術が必要な場合は、コンピュータを用いたナビゲーション装置を使用し、安全な手術を目指しています。
変形性関節症 膝や股関節の痛みは歩くときに大変つらいものです。重症度に合わせ、最終的には人工関節置換手術を含めた治療をすることが可能です。
手や足の変形 外反母趾や手の指の変形などでお困りの方は手術でこれをもとに近い状態にすることが可能です。
てあしや背中のしこり からだに触れるしこりはちいさいものであっても悪性の時もあります。超音波やMRI等を駆使してまずは正確な診断をつけ、放置してよいものかどうかを外来でまず診断しています。

 

 

 

 

生越 章

新潟大学地域医療教育センター 特任教授 副病院長・外傷センター長(整形外科)

平野 徹

新潟大学地域医療教育センター 特任教授<脊椎・脊髄病> 整形外科部長

白旗 正幸

整形外科部長

目良 恒

新潟大学地域医療教育センター 特任講師 整形外科部長

植木 将人

整形外科部長

佐野 博繁

整形外科部長

荒引 剛

整形外科医長

五十嵐 哲也

整形外科医師

鄭 賢晧

整形外科医師(専攻医)

令和元年度(2019.4~2020.3)

 

論文(原著)

 

Miura K, Morita O, Hirano T, Watanabe K, Fujisawa J, Kondo N, Netsu T, Hanyu T, Shobugawa Y, Endo N.

Prevalence of and factors associated with dysfunctional low back pain in patients with rheumatoid arthritis.

Eur Spine J 28(5): 976-982, 2019.

 

Yamagishi T, Kawashima H, Ogose A, Ariizumi T, Oike N, Sasaki T, Hatano H, Ohashi R, Umezu H, Ajioka Y, Endo N.

Expression profiling of receptor-activetor of nuclear factore kappa B Ligand in soft tissue tumors.

Tohoku J Exp Med 248(2): 87-97, 2019.

 

植木将人、松崎浩徳.

Adipofascial turn-over flapにより指背側軟部組織欠損を再建した2例.

東北整形災害外科学会雑誌 62(1): 79-82, 2019.

 

Ariizumi T, Kawashima H, Hatano H, Yamagishi T, Oike N, Sasaki T, Umezu H, Xu Y, Endo N, Ogose A,

Osteoinduction and Osteoconduction with Porous Beta-Tricalcium Phosphate Implanted after Fibular Resection

in Humans.

Journal of Biomaterials and Nanobiotechnology 10: 159-173, 2019.

 

Ohashi M, Watanabe K, Hirano T, Hasegawa K, Katsumi K, Shoji H, Mizouchi T, Endo N.

Flexibility of the thoracic curve and three-dimensional thoracic kyphosis can predict pulmonary function in

nonoperatively treated adult patients with adolescent idiopathic scoliosis.

J Orthop Sci doi: 10.1016/j.jos.2019.06.015 , 2019.

 

Oike N, Kawashima H, Ogose A, Hatano H, Ariizumi T, Kaidu M, Aoyama H, Endo N.

Long-term outcomes of an extracorporeal irradiated autograft for limb salvage operations in musculoskeletal

tumours: over ten years’ observation.

Bone Joint J 101-B(9): 1151-1159, 2019.

 

庄司寛和、平野徹、渡辺慶、大橋正幸、溝内龍樹、田仕英希、遠藤直人.

脊椎手術症例における術前深部静脈血栓症の危険因子.

J Spine Res 10(9): 1334-1338, 2019.

 

Ohashi M, Watanabe K, Hirano T, Hasegawa K, Katsumi K, Shoji H, Mizouchi T, Endo N.

Long-term Impacts of Brace Treatment for Adolescent Idiopathic Scoliosis on Body Composition, Paraspinal

Muscle Morphology, and Bone Mineral Density.

Spine 44(18): E1075-1082, 2019.

 

若杉正嗣、勝見敬一、生越章、高野裕一.

脊椎固定術後の隣接椎間障害に対するLLIFとPPS併用の有用性.

整形・災害外科 62(10): 1285-1290, 2019.

 

Ueki M, Moriya K, Yoshizu T, Tsubokawa N, Kouda H, Endo N.

Closed-wedge osteotomy of the distal humerus for treating osteochondritis dissecans of the capitellum in young

patients.

Orthop J Sports Med 7(10): doi: 10.1177/2325967119876247. , 2019.

 

Katsumi K, Hirano T, Watanabe K, Ohashi M, Mizouchi T, Wakasugi M, Makino T, Yamazaki A, Endo N.

A novel concept of posterior decompression and instrumented fusion with selective lordotic correction for cervical

ossification of the posterior longitudinal ligament.

J Clin Neurosci 68: 312-316, 2019.

 

Nishida N, Kawai A, Toguchida J, Ogose A, Ae K, Kunisada T, Matsumoto Y, Matsunobu T, Takahashi K, Nishida K, Ozaki T.

Clinical features and treatment outcome of desmoid-type fibromatosis: based on a bone and soft tissue tumor

registry in Japan.

Int J Clin Oncol 24: 1498-1505, 2019.

 

Watanabe K, Katsumi K, Ohashi M, Shibuya Y, Hirano T, Endo N, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Terai H, Tamai K, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Yoshii T, Ushio S, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Nakano A, Sakai D, Nukaga T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Ohtori S, Furuya T, Orita S, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Kiyasu K, Murakami H, Yoshioka K, Seki S, Hongo M, Kakutani K, Yurube T, Aoki Y, Oshima M, Takahata M, Iwata A, Endo H, Abe T, Tsukanishi T, Nakanishi K, Watanabe K, Hikata T, Suzuki S, Isogai N, Okada E, Funao H, Ueda S, Shiono Y, Nojiri K, Hosogane N, Ishii K.

Surgical outcomes of spinal fusion for osteoporotic vertebral fracture in the thoracolumbar spine: Comprehensive evaluations of 5 typical surgical fusion techniques.

J Orthop Sci 24(6): 1020-1026, 2019.

 

Mizouchi T, Katsumi K, Izumi T, Yamazaki A, Shoji H, Tashi H, Ohashi M, Hirano T, Endo N, Watanabe K.

Three-dimensional morphological analysis of cervical foraminal stenosis using dynamic flexion-extension

computed tomography images.

J Orthop Sci 24: doi: 10.1016/j.jos.2019.11.002. , 2019.

 

平野貴文、渡辺慶、平野徹、庄司寛和、溝内龍樹、佐藤雅之、村上玲子、木村慎二、遠藤直人.

成人脊柱変形に対する変形矯正手術後の運動機能評価の解析.

新潟整外科雑誌 35(2): 97-100, 2019.

 

花房繁寿、平野徹、渡邊慶、庄司寛和、溝内龍樹、遠藤直人.

Propionibacterium属による脊椎インストゥルメンテーション手術後手術部位感染.

新潟整外科雑誌 35(2): 93-96, 2019.

 

Inose H, Kato T, Ichimura S, Nakamura H, Hoshino M, Togawa D, Hirano T, Tokuhashi Y, Ohba T, Haro H, Tsuji T, Sato K, Sasao Y, Takahata M, Otani K, Momoshima S, Yuasa M, Hirai T, Yoshii T, Okawa A.

Risk Factors of Nonunion After Acute Osteoporotic Vertebral Fractures: A Prospective Multicenter Cohort Study.

Spine doi: 10.1097/BRS.0000000000003413. , 2020.

 

目良恒、望月友晴、谷藤理、藤田裕、遠藤直人.

膝関節初期構造変化の診断における変形性膝関節症患者機能尺度(JKOM)の有用性の検討.

JOSKAS誌 45(1): 240-241, 2020.

 

若杉正嗣、勝見敬一、白旗正幸目良恒植木将人生越章.

仙骨の解剖学的検討.

整形・災害外科 63(3): 341-345, 2020.

 

論文(総説)

 

渡辺慶、渋谷洋平、勝見敬一、平野徹、遠藤 直人.

【脊椎脊髄外科の最近の進歩】各種疾患に対する治療法・モダリティ 胸腰椎移行部の骨粗鬆症性椎体骨折に対する脊椎固定術の治療成績.

整形・災害外科 62(5): 607-612, 2019.

 

平野徹.

【子どもの運動器障害-学校検診から日常診療まで】主な運動器疾患と障害の治療 脊柱変形 側彎症.

臨床雑誌整形外科 70(6): 576-583, 2019.

 

渡辺慶、佐藤剛、佐野敦樹、平野徹、伊藤拓緯、遠藤直人.

【子どもの運動器障害-学校検診から日常診療まで】

徴候・症状別の診察から診断まで 小児における腰痛の実状 病態と診察の仕方.

臨床雑誌整形外科 70(6): 533-538, 2019.

 

浦川貴朗、松澤等、溝内龍樹、渡辺慶、平野徹、後藤真一、五十嵐博中、遠藤直人.

脊椎疾患のニューロイメージングの近未来 拡散強調画像を用いた頸髄神経路評価 三次元不等方性コントラスト磁

気共鳴軸索強調画像.

日整会誌 93(7): 450-455, 2019.

 

平野徹.

小児脊柱変形の診断と治療 現状と今後の展望.

新潟県医師会報 832: 2-7, 2019.

 

論文(症例報告)

 

白旗正幸、添野竜也、谷藤理.

距骨頸部脱臼骨折の2例.

日本足の外科学会雑誌 40(1): 244-247, 2019.

 

著書など

 

目良恒.

偽痛風 体調変化が発作の一因. 

みんなの診察室, 新潟日報新聞, 2019.

 

生越章.

人工骨移植の骨組織片か.

骨形態計測からヒトの骨組織を見る、知る、学ぶ, 140-147頁, ウイネット出版, 2019.

 

平野徹.

不動化と力学的負荷はヒトの骨組織をどう変えるか?

骨形態計測からヒトの骨組織を見る、知る、学ぶ, 131-139頁, ウイネット出版, 2019.

 

目良恒ほか

第3章 関節軟骨損傷および修復の評価方法.

関節・軟骨の再生医療, 25-40頁, シーエムシー出版, 2019.

 

学会・研究会・講演会

 

Ogose A.  

Parallel ligation method for resection of hyper vascular tumors (hemangioma, AVM, diffuse nuerofiborma)

The royal college of orthopaedic surgeons of Thailand(口演)     

(Pattaya(タイ),2019年10月20-22日)

 

Ogose A.  

Reconstruction of bone defect using intraoperative irradiated bone in tumor surgery.

The royal college of orthopaedic surgeons of Thailand(口演)     

(Pattaya(タイ),2019年10月20-22日)

 

Ogose A.  

Clinical use of tricalcium phosphate as bone substitutes in orthopedic surgery.

The royal college of orthopaedic surgeons of Thailand(口演)    

(Pattaya(タイ),2019年10月20-22日)

 

Tomiyama Y, Mera H, Oike N, Nonaka H, Ueno Y, Ohashi R, Tsuchiya A, Tanifuji O, Mochizuki T, Endo N, Terai S.

Localization of the human Adipose tissue-derived mesenchymal stem cells injected intra-articularly for rat cartilage defect repair.

ORS 2020 annual meeting(poster)             

(Phoenix, Arizona(米国), 2020年2月8-11日)

 

白旗正幸植木将人、依田拓也.                  

犬猫による上肢咬傷に対する診療状況.

第62回日本手外科学会学術集会(ポスター)                    

(札幌, 2019年4月18-19日)

 

平野徹、渡邊慶、庄司寛和、溝内龍樹、田仕英希、遠藤直人.

小児でも腰背部痛はQOLや心理社会的要因と関連する.

第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会(口演)                   

(横浜, 2019年4月18-20日)

 

勝見敬一、若杉正嗣、牧野達夫、平野徹、渡辺慶、大橋正幸、庄司寛和、溝内龍樹、遠藤直人.

側方進入腰椎椎体間固定術におけるケージ内充填剤の進歩 コラーゲン使用人工骨の有効性と混合率の検討.

第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会(口演)                   

(横浜, 2019年4月18-20日)

 

勝見敬一、若杉正嗣平野徹、渡辺慶、大橋正幸、山崎昭義、和泉智博、牧野達夫、澤上公彦、傳田博司、高橋一雄、遠藤直人.

K-line(-)型頸椎後縦靱帯骨化症に対する新しいコンセプトの後方除圧固定術.

第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会(ポスター)                  

(横浜, 2019年4月18-20日)

 

若杉正嗣、勝見敬一、生越章、山崎昭義、和泉智博、澁谷洋平、金城純人.

脊髄円錐および硬膜嚢末端についての検討.

第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会(ポスター)                  

(横浜, 2019年4月18-20日)

 

若杉正嗣、勝見敬一、白旗正幸目良恒植木将人藤田裕久保田解生越章.

3-DCTによる腸骨稜高位と形状の検討.

第92回日本整形外科学会学術総会(ポスター)                    

(横浜, 2019年5月9-12日)

 

平野徹、渡辺慶、大橋正幸、庄司寛和、溝内龍樹、遠藤直人.

小児でも腰痛はQOLや心理社会的要因と関連するか.

第92回日本整形外科学会学術総会(ポスター)                    

(横浜, 2019年5月9-12日)

 

白旗正幸若杉正嗣植木将人目良恒生越章、坂爪佑輔、牧野達夫、勝見敬一.

整形外科・皮膚科開業医の少ない地域の総合病院における動物咬傷に対する診療状況.

第92回日本整形外科学会学術総会(口演)                      

(横浜, 2019年5月12日)

 

目良恒、望月友晴、谷藤理、藤田裕、遠藤直人.

変形性膝関節症患者機能尺度(JKOM)は膝関節初期変化の診断に有用である.

JOSKAS 2019(e-poster)                           

(札幌, 2019年6月13-15日)

 

藤田裕目良恒.

人工膝関節全置換術時における下肢伝達麻酔の検討 ~大腿神経ブロックと内転筋管ブロックの比較~

JOSKAS 2019(e-poster)                            

(札幌, 2019年6月13-15日)

 

若杉正嗣、勝見敬一、白旗正幸目良恒植木将人藤田裕久保田解生越章.

頚椎の形態学的検討 -棘突起先端形状と横突孔-

第116回東北整形災害外科学会(口演)                      

(盛岡, 2019年6月21-22日)

 

白旗正幸久保田解藤田裕若杉正嗣植木将人目良恒生越章、勝見敬一.

動物咬傷による下肢化膿性腱鞘滑膜炎に対する手術治療経験.

第116回東北整形災害外科学会(口演)                       

(盛岡, 2019年6月21日)

 

生越章、川島寛之、有泉高志、山岸哲郎、大池直樹、遠藤直人. 

脂肪腫と異型脂肪腫様腫瘍の自然史の解析. 

第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会(口演)               

(川越, 2019年7月11-12日)

 

若杉正嗣、勝見敬一、平野徹白旗正幸目良恒植木将人藤田裕久保田解生越章.

CPKに注目した脊椎手術侵襲についての検討.

第68回東日本整形災害外科学会(口演)                      

(東京, 2019年9月5-6日)

 

若杉正嗣平野徹白旗正幸目良恒植木将人藤田裕久保田解生越章.

ヘルニアが再発し硬膜内ヘルニアを生じた1例. 

第237回新潟整形外科研究会(口演)                        

(新潟, 2019年9月21日)

 

若杉正嗣平野徹白旗正幸目良恒植木将人藤田裕久保田解生越章.

全脊柱CTによる椎骨数の検討 -仙椎数・仙骨孔・仙骨裂孔に注目して(仙骨裂孔は開存しているとはかぎらない)-

第237回新潟整形外科研究会(口演)                        

(新潟, 2019年9月21日)

 

白旗正幸若杉正嗣、谷藤理.

足部動物咬傷に対する診療状況.

第44回日本足の外科学会学術集会(ポスター)                   

(札幌, 2019年9月26-27日)

 

平野徹.

難治性脊椎・脊髄疾患の治療を通して学んだこと.(教育研修講演)

新潟脊椎外科研究会(口演)                            

(新潟, 2019年10月5日)

 

平野徹、渡辺慶、大橋正幸.

視診による検診の意義と問題点.

第53回日本側弯症学会学術集会(口演)                      

(高崎, 2019年11月8-9日)

 

若杉正嗣平野徹白旗正幸目良恒植木将人藤田裕竹内峻生越章.

accessory transverse foramina内を椎骨動脈は分岐走行するか?

第238回新潟整形外科研究会(口演)                        

(新潟, 2019年11月30日)

 

中町昂史金子知恵丸山暢之若杉正嗣生越章平野徹.

当院の脊椎手術における平均透視時間.

第238回新潟整形外科研究会(口演)                        

(新潟, 2019年12月7日)

 

植木将人生越章ほか.

外傷による第5中手骨骨頭骨欠損に対して肋骨録軟骨移植を用いて再建した1例.

第239回新潟整形外科研究会(口演)                        

(新潟, 2020年1月18日)

 

生越章、川島寛之、有泉高志、村山雄大、大池直樹、畠野宏史、山岸哲郎.

四半世紀以上を経過したKotz型人工関節を使用した肉腫の5例.

第3回日本サルコーマ治療研究会学術集会(ポスター)              

(大阪, 2019年2月21-22日)補遺

 

研究費(科学研究費)

 

生越章:代表 基盤研究費(C)18K09098 2018-2020年度

骨軟部腫瘍に対する免疫治療の開発

 

目良恒:代表 基盤研究費(C)18K09021 2018-2020年度

関節軟骨修復に寄与するマイクロRNAの探索

 

目良恒:分担 基盤研究費(C)19K05954 2019-2021年度

リガンド非依存的GPCR活性化による破骨細胞の分化・機能制御の機構解明

 

※過去の研究業績集はこちら

Annals of UKB(業績集)