整形外科

ドクター 時間
生越 章 午前 新患 新患 再診  

再診

平野 徹 再診*1 再診   新患

 

白旗 正幸 再診 新患   再診*3  
目良 恒 再診*2   再診 新患  
植木 将人   再診     新患
若杉 正嗣 新患 再診      
藤田 裕     新患 再診 再診
竹内 峻       再診*4  

大学医師

      再診*3 再診*5

新患月曜日 第1、3、5週 生越医師 第2、4週 若杉医師

新患火曜日 第1、3、5週 白旗医師 第2、4週 生越医師

新患木曜日 第1、2、3、5週 目良医師 第4週 平野医師

*1 再診月曜日 平野医師 第3週 休診

*2 再診月曜日 目良医師 第1週 休診

*3 再診木曜日 第4週 大学医師

*4 再診木曜日 第1週 大学医師 9:00~10:00

*5 再診金曜日 第4週 靭帯骨化症・特殊疾患外来

整形外科は運動器の疾患全般をお子さんから超高齢者まで幅広く診療しています。具体的には捻挫、骨折、脱臼、指切断などの外傷や、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性関節症などの変性疾患、手足や背中のしこり(軟部腫瘍)、転移性骨腫瘍を含む骨の腫瘍などが対象です。当院の24時間365日地域住民の健康を守るという方針にのっとって、救急科・内科・麻酔科・その他の外科系医師と協力して、外傷への迅速かつ的確な対応を目指しております。また脊椎(せぼね)の疾患を専門としている医師も常勤していますので、幅広い疾患への対応が可能です。

 

疾患名 内容
大腿骨近位部骨折 高齢者が自宅で転倒してももの付け根を骨折することが多く、整形外科の手術症例で最も多いものです。入院当日を含め、可能な限り早期に手術を行い、迅速に社会復帰できるように努めています。
骨粗鬆症 高齢になって骨がもろくなるとわずかな力で骨折が生じ、寝た切りになりやすくなります。最新鋭の骨密度測定装置を導入し、正確な診断とそれぞれの患者さんにあった治療法を行っています。
脊椎疾患 腰痛、手足のしびれなどは脊椎疾患から生じることが大変多いものです。最新鋭のCT,MRI等を用いた正確な診断と、手術が必要な場合は、コンピュータを用いたナビゲーション装置を使用し、安全な手術を目指しています。
変形性関節症 膝や股関節の痛みは歩くときに大変つらいものです。重症度に合わせ、最終的には人工関節置換手術を含めた治療をすることが可能です。
手や足の変形 外反母趾や手の指の変形などでお困りの方は手術でこれをもとに近い状態にすることが可能です。
てあしや背中のしこり からだに触れるしこりはちいさいものであっても悪性の時もあります。超音波やMRI等を駆使してまずは正確な診断をつけ、放置してよいものかどうかを外来でまず診断しています。

 

 

 

 

生越 章

新潟大学地域医療教育センター 特任教授 副病院長・外傷センター長(整形外科)

平野 徹

新潟大学地域医療教育センター 特任教授<脊椎・脊髄病> 整形外科部長

白旗 正幸

整形外科部長

目良 恒

新潟大学地域医療教育センター 特任講師 整形外科部長

植木 将人

整形外科部長

若杉 正嗣

整形外科医長

藤田 裕

整形外科医師

竹内 峻

整形外科医師

平成30年度(2018.4~2019.3)

 

論文(原著)

 

Katsumi K, Hirano T et al. Natural history of the ossification of cervical posterior longitudinal ligament: a three dimensional analysis. Int Orthop 42 (4): 835-842, 2018.

 

勝見敬一、平野 徹 ほか. 【脊柱靱帯骨化症研究の進歩】画像診断 脊柱靱帯骨化巣の三次元画像解析. 臨床雑誌整形外科 69 (6): 539-545, 2018.

 

Watanabe K, Ohashi M, Hirano T, Katsumi K, Shoji H, Mizouchi T, Endo N, Hasegawa K. The influence of lumbar muscule volume on curve progression after skeletal maturity in patinets with adolescent idiopathic scoliosis. Spine Deform 6 (6): 691-698, 2018.

 

Katsumi K, Hirano T et al.  Perioperative factors associated with favorable ouctomes of posterior decompression and instrumented fusion for cervical ossification of the posterior longitudinal ligament: a retrospective multicenter study. J Clin Nuerosci 57: 74-78, 2018.

 

Ohashi M, Watanabe K, Hirano T, Hasegawa K, Katsumi K, Shoji H, Mizouchi T, Endo N. Predicting factors at skeletal maturity for curve progression and low back pain in adult patients treated nonoperatively for adolescent idiopathic scoliosis with thoracolumbar/lumbar curves. Spine 43 (23): E1403-1411, 2018.

 

植木将人、森谷浩治、吉津孝衛 他. 12歳以下の進行期上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する上腕骨外側顆楔状骨切り術の中・長期成績. 日手会誌 35 (2): 212-216, 2018.

 

Ogose A, Kawashima H, Hatano H, Ariizumi T, Sasaki T, Yamagishi T, Oike N, Inagawa S, Endo N. The natural history of incidental retroperitoneal schwannomas. PLoS One 14 (4): e0215336, 2019.

 

Ohashi M, Watanabe K, Hirano T, Hasegawa K, Katsumi K, Shoji H, Mizouchi T, Takahashi I, Endo N. The natural course of compenstory lumbar curves ih nonoperated patients with thoracic adolescent idiopathic scoliosis. Spine 44 (2): E89-98, 2019.

 

Koike H, Nishida Y, Kohno K, Shimoyama Y, Motoi T, Hamada S, Kawai A, Ogose A, Ozaki T, Kunisada T, Matsumoto Y, Mastunobu T, Ae K, Gokita T, Sakai T, Shimizu K, Ishiguro N. Is immunohistochemical staining for bet-a catenin ub the definitive pathological diagnostic tool for desmoid-type fibromatosis? Hum Pathol 84: 155-163, 2019.

 

KawashimaH, Ariizumi T, Yamaggishi T, Ogose A, Ikoma M, Hotta T, Endo N. Şymptomatic burden and end-of -life palliative treatments during the last two weekd of life in patients with advanced musculoskeletak sarcoma. J Palliat Med epub ahead of print, 2019.

 

Watanabe K, Katsumi K et al. Surgical outcomes of spinal fusion for osteoporotic thoracolumbar vertebral fractures in patients with Parkison’s disease. BMC musculoskelet Disord 20 (1): 103, 2019.

 

坂爪佑輔白旗正幸目良 恒勝見敬一植木将人、依田拓也、牧野達夫、生越 章. 大腿骨近位部骨折手術例における内服薬使用の状況. 東北整災誌 62: 37-41, 2018.

 

論文(症例報告)

 

牧野達夫、勝見敬一、依田拓也、目良 恒白旗正幸生越 章.  脊椎関節炎による強直性頸椎に生じた横断性骨折に対する後方固定術の経験. 新潟整外研会誌 34: 37-42, 2018.

 

坂爪佑輔、有泉高志、川島寛之、捧 陽介、生越 章、遠藤直人.  腓骨神経麻痺をきたした多発性軟骨性外骨腫症の1例. 新潟整外研会誌 33: 77-82, 2017(補遺).

 

学会・研究会・講演会

 

Hisashi Mera, Osamu Ishibashi, Shigeyuki Wakitani. Identification of micro-RNA associated with the chondrogenic ability of human bone marrow mesenchymal stem cells. 5th TERMIS World Congress 2018, poster, Kyoto, 2018/9/4-7.

 

植木将人 他 Effect of radial head hypertrophy on clinical outcomes after distal humeral closed-wedge osteotomy for osteochondritis dissecans of the capitellum. 第73回ASSH, ポスター, Boston(米国), 2018/9/13-15.

 

白旗正幸 他. 飲酒後の腕相撲大会において発生した上腕骨骨折の3例. 第115回東北整形災害外科学会, 口演, 弘前, 2018/4/27-28.

 

生越 章坂爪裕輔白旗正幸目良 恒植木将人、牧野達夫、勝見敬一. 神経ブロックを用いた下肢腫瘍手術の経験. 第115回東北整形災害外科学会, 口演, 弘前, 2018/4/27-28.

 

生越 章. 骨軟部腫瘍の自然史の解析. 第91回日本整形外科学会総会, 教育研修講演, 神戸, 2018/5/24-27.

 

目良 恒坂爪祐輔. 10代陸上選手に生じた上前腸骨棘剥離骨折に対しsuture bridgeによる骨接合を行った1例. JOSKAS 2018, e-poster, 福岡, 2018/6/14-16.

 

目良 恒、谷藤 理、望月友晴、遠藤直人. 初期変形性膝関節症患者の関節水腫に対する保存治療の有効性と患者背景の検討. JOSKAS 2018, e-poster, 福岡, 2018/6/14-16.

 

目良 恒. 関節軟骨治療におけるトランスレーショナルリサーチの経験. 第17回新潟骨・関節フォーラム, 口演, 新潟, 2018/6/28.

 

目良 恒. 関節軟骨治療の研究開発について. 京都創薬社内講演会, 講演, 京都, 2018/6/29.

 

生越 章、川島寛之、有泉高志、山岸哲郎、堀田哲夫、大池直樹、畠野宏史、佐々木太郎、遠藤直人. 後腹膜神経鞘腫の自然史の解析. 第51回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会, 口演, 静岡, 2018/7/12-13.

 

目良 恒. 魚沼エリアからみる変形性膝関節症の実態と治療. 塩野義製薬社内研修会, 講演, 南魚沼, 2018/8/8.

 

生越 章. 骨軟部腫瘍診療の基本-こうすれば間違わない、うまくとれる-. 長岡手術手技研究会, 教育研修講演, 長岡,

2018/10/25.

 

生越 章. 体の痛みに対して整形外科ができること. 魚沼基幹病院市民公開講座, 口演, 南魚沼, 2018/10/28.

 

白旗正幸 他. 距骨頚部脱臼骨折の2例. 第43回日本足の外科学会学術集会, 口演, 木更津, 2018/11/1.

 

生越 章. 骨と関節をきたえて元気に生きよう. 三好園後援会設立三〇周年記念講演会, 住民講演会, 十日町, 2018/12/1.

 

 

白旗正幸 他. 手関節背側部heat press injury後10年余りを経て発生した長母指伸筋腱皮下断裂の1例. 第33回東日本手外科研究会, 口演, 新潟, 2019/2/2.

 

植木将人 他. 背側転位型橈骨遠位端骨折の重症度と骨密度および骨質マーカーの関係. 第33回東日本手外科研究会, 口演, 新潟, 2019/2/2.

 

Hisashi Mera, Osamu Ishibashi, Naoki Oike, Osamu Tanifuji, Tomoharu Mochizuki, Yasuyuki Tomiyama, Shigeyuki Wakitani. Analysis of micro-RNA associated with the proliferative and chondrogenic abilities of human bone marrow mesenchymal stem cells. 第32回日本軟骨代謝学会, 口演, 大阪, 2019/3/1-2.

 

目良 恒藤田 裕久保田解植木将人若杉正嗣勝見敬一白旗正幸生越 章. 当院で行った高位脛骨骨切り術における膝関節機能の術後経過. 第236回新潟整形外科研究会, 口演, 新潟, 2019/3/2.

 

生越 章. 腫瘍の診断・手術・化学療法における医療安全と医療倫理. 第41回静岡骨軟部腫瘍研究会, 教育研修講演, 三島, 2019/3/2.

 

生越 章. 新規開院した地域一般病院における整形外科医の腫瘍との関わり. 第29回三河骨軟部腫瘍研究会, 教育研修講演, 岡崎, 2019/3/7.

 

目良 恒、石橋 宰、大池直樹、谷藤 理、望月友晴、富山泰行、脇谷滋之. 骨髄間葉系細胞における軟骨分化能に関与するマイクロRNAの検討. 第18回日本再生医療学会総会, ポスター, 神戸, 2019/3/21-23.

 

生越 章、川島寛之、有泉高志、山岸哲郎、大池直樹. 骨外性粘液型軟骨肉腫の自然死の解析. 第2回日本サルコーマ治療研究学会,

ポスター, 東京, 2018/2/22-23 (補遺).

 

生越 章、川島寛之、有泉高志、山岸哲郎、大池直樹. 周囲2重結紮法を用いたびまん性神経鞘腫に対する手術療法. 第10回日本レックリングハウゼン病学会学術大会, 口演, 名古屋, 2018/3/24(補遺).

 

研究費(科学研究費)

 

目良 恒: 代表 基盤研究(C) 18K09021 関節軟骨修復に寄与するマイクロRNAの探索. 2018 - 2020

 

生越 章: 代表 基盤研究(C) 18K09098 骨軟部腫瘍に対数する免疫治療の開発. 2018 - 2020

 

勝見敬一: 代表 若手研究 18K16612  3次元画像解析による脊柱靭帯骨化症の骨化進展:骨代謝動態を含めた包括的解析

2018 - 2021

 

過去の研究・業績集はこちらをご覧ください。

研究・業績集