精神科

ドクター 時間
湯川 尊行 午前 再診   新患    
井上 絵美子   新患 再診    
恩田 啓伍 新患 再診     新患*
坪谷 隆介       新患 新患*/再診
大学医師           再診

新患、予約外診察の受付は 8:30~11:00

* 第1・3・5金曜日 恩田啓伍 第2・4金曜日 坪谷隆介

魚沼地域における基幹病院の精神科として、さまざまな精神疾患に対して適切な診断と治療が行える体制を整えています。特に、総合病院の精神科として、精神疾患と身体合併症の治療が同時に必要な患者さんを積極的に受け入れるとともに、身体疾患をもつ患者さんに生じた精神科的な問題に対応します。また、難治性うつ病に対する修正型電気けいれん療法といった専門性の高い精神科医療を実践します。さらに、新潟県精神科救急医療システムに参画し、必要な精神科医療を提供します。
当科では初回の診察に1時間程度かかることから、初診の際には、事前に予約いただき、かかりつけ医のある方は紹介状をお持ちください。皆様の待ち時間を減らし円滑に受診していただけるよう、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

疾患名 内容
統合失調症 幻覚、妄想、まとまりのない発語、意欲欠如などが特徴的な症状です。薬物療法(抗精神病薬)やリハビリテーションなどが治療の中心です。
気分障害
(双極性障害、うつ病)
薬物療法(気分安定薬や抗うつ薬)などに加え、難治性うつ病に対して必要に応じて修正型電気けいれん療法を行います。
認知症 診察、心理検査、血液検査、脳画像検査などにより、原因となる疾患や重症度を明らかにし、適切な治療やケアを提供します。
不安症(パニック症など)、
強迫症
薬物療法と認知行動療法的アプローチを組み合わせて、不安症状や強迫症状を自分でコントロールできるよう支援します。
神経性やせ症、
神経性過食症
認知行動療法的アプローチや栄養指導によって、体型や食事に対する拘りを修正し、適切な食行動を身につけられるように援助します。

 

 

精神症状評価尺度および心理検査データの研究利用に関するお願い

統合失調症、気分障害、不安症および神経発達症(自閉スペクトラム症および注意欠如・多動症)は、特徴的な症状や経過を有する一方で、非常によく似た病像や心理学的特徴を呈する場合があるため、専門の精神科医であっても、その診断や評価が常に一致するとは限りません。そのため当院では、国際診断基準を用いた診断面接に加えて、精神症状評価尺度や心理検査を日常的に活用して、その精度を高めるよう努力しております。
私たちはこの貴重な検査データを、臨床研究にも利用させていただきたいと考えております。患者さんから得たデータを詳細に分析して、精神疾患にかかったことのない方(対照者)との間で比較することで、より正確で効率的な診断や新しい治療、予防に役立てたいと考えております。以下の事柄につきご理解をいただき、研究利用についてご協力をお願い申し上げます。

 

個人情報の保護および研究成果の公表

個人情報の保護に十分配慮し必要最小限の情報(性別、年齢、診断名、心理検査データなど個人を特定できない情報)のみをカルテから取得します。新潟大学大学院医歯学総合研究科精神医学分野などの共同研究機関とデータを共有し、統計学的な解析を行います。得られた結果は、学会や論文などで公表しますが、集団としての平均値など統計学的数値のみで、氏名や生年月日など個人が特定される情報が公表されることは一切ありません。

 

研究協力の任意性

本研究への協力は自由意志にもとづくもので、協力をお断りになられても一切不利益は生じません。ご自分のデータについて本研究で使うことを望まない方については、その方のデータを用いずに研究を実施いたします。

 

以上、ご説明申し上げました内容につきましてご理解いただき、ご賛同いただければ誠に幸いです。

なお、今回の研究協力を望まない場合やご不明な点などがあるときは下記担当者までご連絡ください。

 

魚沼基幹病院 精神科
精神科医長:湯川 尊行
担当者(精神医療支援科):山田 祥子
電話番号:025-777-3200(代表)

 

湯川 尊行

精神医療支援科長兼精神科部長

井上 絵美子

精神科医長

坪谷 隆介

精神科医長

恩田 啓伍

精神科医師

平成30年度(2018.4~2019.3)

 

論文(原著)

 

Yukawa T, Iwakura Y, Takei N, Saito M, Watanabe Y, Toyooka K, Igarashi M, Niizato K, Oshima K, Kunii Y, Yabe H, Matsumoto J, Wada A, Hino M, Iritani S, Niwa S, Takeuchi R, Takahashi H, Kakita A, Someya T, Nawa H. Pathological alterations of chondroitin sulfate moiety in postmortem hippocampus of patients with schizophrenia. Psychiatry Res 270: 940-946, 2018.

 

論文(総説)

 

有波 浩、鈴木雄太郎. 急性期治療において注意すべき身体的副作用. 臨床精神薬理 21 (9): 1211-1219, 2018.

 

学会・研究会・講演会

 

Yuriko Iwakura, Yutaro Kobayashi, Hisaaki Namba, Yuichiro Watanabe, Toshiyuki Someya, Hiroyuki Nawa, Takayuki Yukawa. Epidermal growth factor regulates accumulation of perineuronal nets in the developing GABA neurons. 第41回日本神経科学大会, 口演, 兵庫, 2018/7/26-29.

 

有波 浩、鈴木雄太郎、田尻美寿々、常山暢人、染矢俊幸. うつ病の重症度と血清prolactin濃度との関連. 第15回日本うつ病学会総会, ポスター, 東京, 2018/7/28-29.

 

有波 浩. 統合失調症の理解と関わり方. こころのサポート講座-地域と生きる 地域で生きる-, 口演, 南魚沼, 2018/9/15.

 

恩田啓伍、折目直樹、横山裕一、染矢俊幸. 高齢発症の嫉妬妄想にドネペジルが奏功した一例. 平成30年度新潟精神医学会, 口演, 新潟, 2018/10/13.

 

湯川尊行寺島健史井上絵美子有波 浩恩田啓伍. パーキンソン病を併発した統合失調症の一例. 平成30年度新潟精神医学会, 口演, 新潟, 2018/10/13.

 

湯川尊行小澤鉄太郎寺島健史、伊藤 岳、渡部雄一郎、信田慶太、菊地 佑、染矢俊幸. 精神運動興奮のため措置入院となった抗NMDA受容体脳炎の1例. 第38回日本精神科診断学会, ポスター, 川越, 2018/10/18-19.

 

恩田啓伍、常山暢人、須貝拓朗、鈴木雄太郎、染矢俊幸.  変換症による不随意運動との鑑別に苦慮した遅発性ジスキネジアの一例. 第38回日本精神科診断学会, ポスター, 川越, 2018/10/18-19.

 

恩田啓伍湯川尊行井上絵美子. エナジードリンク長期飲用の中止後に統合失調症様症状が出現したカフェイン誘発性精神病性障害の1例. 第21回新潟総合病院精神医学研究会, 口演, 新潟, 2019/2/23.

 

湯川尊行小松 健小原伸雅土田雅史若杉正嗣井上絵美子、有波 浩、恩田啓伍. 産後うつ病として治療されていたACTH依存性クッシング症候群の1例. 第21回新潟総合病院精神医学研究会, 口演, 新潟, 2019/2/23.

 

研究費(科学研究費)

 

井上絵美子: 代表 若手研究(B) 17K16371 成長関連タンパク43(GAP43)の神経発達障害への影響. 2017 - 2019

 

過去の研究・業績集はこちらをご覧ください。

研究・業績集