消化器外科・一般外科

ドクター 時間
小杉 伸一 午前        
角南 栄二        
平野 謙一郎        
佐藤 洋        ○  
(一般外科)          
   ○交代        ○交代
大学医師        
(乳腺外科)            
角南 栄二  午前      
角南 栄二  午後    ○      

※一般外科

 受付時間 8:30~11:00

 月曜日・金曜日は医師が交代で担当 脱腸・肛門・乳腺疾患の初診のみ

※乳腺外科(予約制)

 紹介患者・検診要精密検査・再診の方のみ

当科では良性および悪性の消化器疾患・乳腺疾患、腹部救急疾患、鼠径部ヘルニアに対する外科治療を行います。常勤医4名と新潟大学からの出張医で診療を行います。新潟大学を中心とした県内関連病院と連携して、魚沼地域に高度医療を提供します。

 

疾患名 内容
上部消化管 主な対象疾患は胃癌、食道癌、消化管間質腫瘍(GIST)です。早期の胃癌、食道癌に対しては腹腔鏡や胸腔鏡を用いた低侵襲手術を行います。進行した胃癌、食道癌に対しては、手術を中心に抗癌剤や放射線治療を組み合わせた集学的治療を行います。GISTに対しては内視鏡と腹腔鏡を組み合わせて、必要最小限の切除となるような手術を行います。
下部消化管 主な対象疾患は大腸癌(結腸癌と直腸癌)です。根治性(がんが治る可能性)を高く保ちつつ、高齢の方にも体の負担の少ない腹腔鏡手術を積極的に行います。また内外痔核・脱肛などの肛門疾患に対する治療を行います。手術は必要最小限とし、薬で改善を図る治療を心がけています。
肝臓・胆道・膵臓 主な対象疾患は肝癌(原発性と転移性)、胆道癌、膵癌、胆石症です。肝胆膵の悪性疾患に対する手術は複雑で大がかりになるものが多いのですが、患部を切除し、なおかつ体への負担を最小限にする治療を行います。胆道疾患で最も多い胆石症については腹腔鏡手術を第一選択とし入院や社会復帰までの日数を短縮します。
乳腺 乳腺疾患全般を対象としていますが、特に乳癌の検査・診断・治療(手術や術前・術後の補助薬物療法)、再発に対する集学的治療を行います。診断・治療に関わる放射線科や病理部、手術の際に不可欠な麻酔科と連携して、質の高い治療を提供します。また近隣の病院や診療所と協力して、地域医療を支えていきたいと考えています。
鼠径部ヘルニア 鼠径部ヘルニア(脱腸)は手術以外に治す方法はありませんので、元気で活動性の高い方には手術をお勧めしています。当科では、従来の手術(鼠径部切開による修復術)と傷の小さい腹腔鏡手術を行っています。また麻酔法も、全身麻酔、腰椎麻酔、局所麻酔がありますので、患者さんの状態や希望も考慮しながら、最適な治療法を選択したいと思います。ぜひお気軽にご相談ください。

NCD事業への参加について

当院は、NCD(一般社団法人 National Clinical Database) が実施するデータベース事業に参加しています。この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。

 詳細はこちら [308KB]PDF)をご参照ください。

小杉 伸一

新潟大学地域医療教育センター 特任教授 消化器外科・一般外科部長

角南 栄二

消化器外科・一般外科部長

平野 謙一郎

消化器外科・一般外科部長

佐藤 洋

新潟大学地域医療教育センター 特任講師 消化器外科・一般外科部長

令和元年度(2019.4~2020.3)

 

論文(原著)

 

Kakuta T, Kosugi S, Ichikawa H, Hanyu T, Ishikawa T, Kanda T, Wakai T.

Palliative interventions for patients with incurable locally advanced or metastatic esophageal carcinoma.

Esophagus 16(3): 278-284, 2019.

 

Hagens ERC, van Berge Henegouwen MI, van Sandick JW, Cuesta MA, van der Peet DL, Heisterkamp J, Nieuwenhuijzen GAP, Rosman C, Scheepers JJG, Sosef MN, van Hillegersberg R, Lagarde SM, Nilsson M, Räsänen J, Nafteux P, Pattyn P, Hölscher AH, Schröder W, Schneider PM, Mariette C, Castoro C, Bonavina L, Rosati R, de Manzoni G, Mattioli S, Garcia JR, Pera M, Griffin M, Wilkerson P, Chaudry MA, Sgromo B, Tucker O, Cheong E, Moorthy K, Walsh TN, Reynolds J, Tachimori Y, Inoue H, Matsubara H, Kosugi SI, Chen H, Law SYK, Pramesh CS, Puntambekar SP, Murthy S, Linden P, Hofstetter WL, Kuppusamy MK, Shen KR, Darling GE, Sabino FD, Grimminger PP, Meijer SL, Bergman JJGHM, Hulshof MCCM, van Laarhoven HWM, Mearadji B, Bennink RJ, Annema JT, Dijkgraaf MGW, GisbertzSS.

Distribution of lymph node metastases in esophageal carcinoma [TIGER study]: study protocol of a multinational

observational study.

BMC Cancer 19(1): 662, 2019.

 

Otani T, Ichikawa H, Hanyu T, Ishikawa T, Kano Y, Kanda T, Kosugi SI, Wakai T.

Long-Term Trends in Respiratory Function After Esophagectomy for Esophageal Cancer.

J Surg Res 245(1): 168-178 2020.

 

論文(症例報告)

 

角南栄二小杉伸一平野謙一郎、松澤岳晃、佐藤洋、髙橋元子、長谷川剛.

長期無再発生存中の乳腺原発印環細胞癌の1例.

乳癌の臨床 34(5): 447-453, 2019.

 

学会・研究会・講演会

 

根本万理子、市川寛、小杉伸一、石川卓、羽入隆晃、臼井賢司、酒井剛、廣瀬雄己、堅田朋大、三浦宏平、田島陽介、滝沢一泰、中野雅人、島田能史、永橋昌幸、坂田純、小林隆、亀山仁史、若井俊文.

食道癌術後の内頸静脈血栓症発症の危険因子に関する検討.

第119 回日本外科学会定期学術集会(口演)                     

(大阪, 2019年4月19日)

 

角南栄二小杉伸一平野謙一郎佐藤洋、髙橋元子.

当科にて経験した腋窩副乳癌の1例.

第27回日本乳癌学会学術集会(ポスター)                       

(東京, 2019年7月11日)

 

佐藤洋目崎恵.

0からの出発!新規開院病院における他職種連携SSIサーベイランスシステム構築の挑戦.

第74回日本消化器外科学会総会(ポスター)                      

(東京, 2019年7月17日)

 

日紫喜万理子、市川寛、小杉伸一、羽入隆晃、永橋昌幸、島田能史、坂田純、小林隆、亀山仁史、若井俊文.

食道癌患者における胸骨後経路胃管再建と左内頚静脈血栓症についての検討.

第74回日本消化器外科学会総会(ポスター)                      

(東京, 2019年7月18日)

 

市川寛、中川悟、番場竹生、小杉伸一、島田能史、永橋昌幸、坂田純、小林隆、亀山仁史、若井俊文.

食道癌手術における食道胃管三角吻合の成績.

第74回日本消化器外科学会総会(ポスター)                      

(東京, 2019年7月18日)

 

小杉伸一佐藤洋平野謙一郎角南栄二、髙橋元子.

Diagnostic Procedure Combination 分類による癒着性腸閉塞治療の評価.

第74回日本消化器外科学会総会(ポスター)                      

(東京, 2019年7月18日)

 

角南栄二小杉伸一平野謙一郎佐藤洋、髙橋元子.

局所進行・転移性乳癌に対し、Bevacizumab+Paclitaxel療法が奏功した3例.

第57回日本癌治療学会総会(ポスター)                       

(福岡, 2019年10月26日)

 

大岩智、市川寛、加納陽介、羽入隆晃、石川卓、酒井剛、永橋昌幸、島田能史、坂田純、小林隆、亀山仁史、若井俊文.

内腔突出型頸部食道平滑筋種の一切除例.

第81回日本臨床外科学会総会(口演)                       

(高知, 2019年11月14日)

 

大岩智角南栄二小杉伸一平野謙一郎佐藤洋、髙橋元子.

アレルギー性血管浮腫に起因すると考えられた腸重積の1例.

第284回新潟外科集談会(日本臨床外科学会新潟支部会)(口演)           

(新潟, 2019年11月30日)

 

佐藤洋平野謙一郎.

LECSによる十二指腸GISTの切除経験.

第32回日本内視鏡外科学会(口演)                         

(横浜, 2019年12月7日)

 

研究費(科学研究費)

 

小杉伸一:代表 基盤研究費(C)17K00813 2017-2019年度

消化器外科手術後の包括的嚥下機能評価に関する研究

 

小杉伸一:分担 基盤研究費(C)17K10579 2017-2019年度

胃癌におけるアクチビン受容体変異による新規シグナル伝達機構の解明及び臨床的意義

 

小杉伸一:分担 基盤研究費(C)17K10580 2017-2019年度

胃癌におけるBRCA1/2遺伝子変異解析及びタンパク質発現とその臨床的意義

 

小杉伸一:分担 基盤研究費(C)18K08698 2018-2020年度

胃癌DNA二重鎖損傷修復機構破綻の包括的評価と臨床的意義の解明

 

小杉伸一:分担 基盤研究費(C)19K09117 2019-2021年度

HER2陽性胃癌における遺伝子異常の包括的評価と臨床的意義の解明

 

小杉伸一:分担 基盤研究費(C)19K09165 2019-2021年度

胃癌マイクロサテライト不安定性評価の検証と薬物治療における臨床的意義の解明

 

小杉伸一:分担 基盤研究費(C)19K09212 2019-2021年度

NOTCHシグナルを介した食道癌化学療法奏効性の分子機構の解明

 

※過去の研究業績集はこちら

Annals of UKB(業績集)