整形外科

ドクター 時間
生越 おごせ  章 午前

 

 

新患*1 新患*2 再診   再診
白旗 正幸 再診 新患*2   再診*4  
目良 恒     再診 新患*3  
勝見 敬一 再診*5 再診   新患*3  
牧野 達夫 新患*1 再診      
坂爪 佑輔     新患 再診 再診

堀田 真喜子

        新患

大学医師

      再診*4  

*1 第1、3、5週は生越医師、第2、4週は牧野医師が診察します。

*2 第1、3、5週は白旗医師、第2、4週は生越医師が診察します。

*3 第1週は勝見医師、第2~5週は目良医師が診察します。

*4 第1~3、5週は白旗医師、第4週は大学医師が診察します。

*5 第1、2、4、5週は勝見医師、第3週は休診します。

整形外科は運動器の疾患全般をお子さんから超高齢者まで幅広く診療しています。具体的には捻挫、骨折、脱臼、指切断などの外傷や、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性関節症などの変性疾患、手足や背中のしこり(軟部腫瘍)、転移性骨腫瘍を含む骨の腫瘍などが対象です。当院の24時間365日地域住民の健康を守るという方針にのっとって、救急科・内科・麻酔科・その他の外科系医師と協力して、外傷への迅速かつ的確な対応を目指しております。また脊椎(せぼね)の疾患を専門としている医師も常勤していますので、幅広い疾患への対応が可能です。

 

疾患名 内容
大腿骨近位部骨折 高齢者が自宅で転倒してももの付け根を骨折することが多く、整形外科の手術症例で最も多いものです。入院当日を含め、可能な限り早期に手術を行い、迅速に社会復帰できるように努めています。
骨粗鬆症 高齢になって骨がもろくなるとわずかな力で骨折が生じ、寝た切りになりやすくなります。最新鋭の骨密度測定装置を導入し、正確な診断とそれぞれの患者さんにあった治療法を行っています。
脊椎疾患 腰痛、手足のしびれなどは脊椎疾患から生じることが大変多いものです。最新鋭のCT,MRI等を用いた正確な診断と、手術が必要な場合は、コンピュータを用いたナビゲーション装置を使用し、安全な手術を目指しています。
変形性関節症 膝や股関節の痛みは歩くときに大変つらいものです。重症度に合わせ、最終的には人工関節置換手術を含めた治療をすることが可能です。
手や足の変形 外反母趾や手の指の変形などでお困りの方は手術でこれをもとに近い状態にすることが可能です。
てあしや背中のしこり からだに触れるしこりはちいさいものであっても悪性の時もあります。超音波やMRI等を駆使してまずは正確な診断をつけ、放置してよいものかどうかを外来でまず診断しています。

 

 

 

 

生越 章

新潟大学地域医療教育センター 教授(整形外科) 診療部長・外傷センター長

白旗 正幸

整形外科部長

目良 恒

新潟大学地域医療教育センター 講師(整形外科) 整形外科部長

勝見 敬一

新潟大学地域医療教育センター 助教(整形外科) 整形外科医長

依田 拓也

新潟大学地域医療教育センター 助教(整形外科) 整形外科医長

牧野 達夫

整形外科医師

坂爪 佑輔

整形外科医師

脊椎疾患

link 頸椎インストゥルメンテーション

link 低侵襲脊椎手術

link 変形矯正手術

 

 

 

頚椎インストゥルメンテーション

□ 頚椎後縦靭帯骨化症

  • 後縦靭帯骨化
  • 脊髄圧迫
  • 後方除圧固定術

 

頚椎靭帯骨化症は、頚椎にある後縦靭帯が骨化し、脊髄を圧迫し神経障害をきたす難治性の病気です。

日本では1975年に難病指定され、現在まで原因の究明や治療法の研究が行われています。

頚椎後縦靭帯骨化症の詳細 2013 医療の広場 掲載

 

病状が進行した場合は手術治療を行います。

一般的には、後方除圧術(椎弓形成術:後方から脊柱管を広げる手術)が行われますが、骨化が大きな方では脊髄圧迫の解除が不十分となる方もおられました。

当院では骨化の大きい方には、後方除圧固定術(椎弓形成術に固定術を加えたもの)を行うことで、従来に比べ良好な成績を収めています。

 

□高難度手術を可能にするシステム

頚椎インストゥルメンテーションは、頚椎にスクリューを挿入して行います。スクリュー挿入にはミリ単位の正確性が問われます。脊椎ナビゲーションは、スクリューの位置をリアルタイムでモニターに表示し、正確な挿入に貢献します。

 

手術中の操作や体位にて、神経の障害が生じる可能性がありますが、全身麻酔中のため手足の運動を確認できません。

脊髄モニタリングは、頭蓋に電極をつけ定期的に電気刺激し、手足の筋肉収縮をモニタリングすることで、神経の状態を確認しながら手術を行うことが可能です。

 


 

低侵襲脊椎手術

内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術 (MED; Microendoscopic discectomy)

内視鏡を用いて、椎間板ヘルニアを摘出する方法です。約1.6cmの皮膚切開で手術を行います。

術後翌日より歩行が可能で、早期(術後4~5日程)の退院も可能です。

内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術

 

□BKP (Balloon Kyphoplasty)

骨粗鬆症性椎体骨折に対する手術です。骨折椎体をバルーンでふくらまし、骨セメントを充填します。5mmの皮膚切開2か所で手術が可能です。

BKP

 

□経皮的椎弓根スクリュー(PPS; percutaneous pedicle screw)を用いた脊椎後方手術

胸腰椎後方固定術で一般的に用いられる椎弓根スクリューの挿入は、従来は皮膚を縦に切開し、筋肉をはがし、スクリュー挿入部位を完全に露出させ行っていました。

本技術はスクリュー挿入部のみ切開し、スクリューを挿入することができ、筋肉の温存性が高く、術後疼痛も軽減することができる低侵襲技術です。

経皮的椎弓根スクリューを用いた脊椎後方手術

 

□胸腔鏡 (VATS; Video Assisted Thoracoscopic Surgery)を用いた胸椎前方手術

従来の胸椎前方固定術は、側胸部に20~30cmの皮膚切開を入れ、肋骨を切除し大きく開胸して行っていました。

本技術は胸腔鏡を用いることで、約6cmの皮膚切開で肋骨を温存し、小開胸にて行うことができ、低侵襲な術式です。

胸腔鏡を用いた胸椎前方手術

 

□腰椎側方進入椎体間固定術 (LLIF; Lumbar Lateral Interbody Fusion)

椎体間固定術は椎体間(椎間板部分)に、骨を充填したケージを挿入し、椎間板をまたいで上下の椎体にスクリューを挿入し固定する術式です。ケージを側方より挿入することで、従来法に比べ骨・筋肉の温存性が高く、低侵襲です。PPSと組み合わせ、術翌日より歩行が可能で、早期(術後7~12日)退院が目指せます。

腰椎側方進入椎体間固定術

 

 

変形矯正手術

□椎体骨切り術

骨粗鬆症性椎体骨折などが原因で高度の後弯変形(腰曲がり)が生じ、痛みや姿勢維持が困難となり、生活レベルが低下している方に適応とされます。

変形の原因となる椎体の一部を切除(骨切り)することで、後弯変形を矯正し、生理的な脊椎のアライメントに近づけます。

椎体骨切り術

 

□胸腰椎矯正固定術

脊椎の広範な後弯変形が原因で、立位・歩行などの基本的な日常動作が障害され、進行すると胃酸逆流による胸やけや、腹部での通過障害なども生じることがあります。

手術では主に腰椎での変形矯正を行い、下部胸椎から骨盤まで固定します。

生理的な脊椎のアライメントや立位バランスの再獲得が目的です。

  • 胸腰椎矯正固定術
  • 胸腰椎矯正固定術

 

手術実績

  平成27年(6月開院) 平成28年
頚椎後方除圧術 15 34

頚椎固定術

前方

後方

9

1

8

16

4

12

胸椎/腰椎後方除圧術 14 39

胸椎/腰椎固定術

前方 (低侵襲脊椎手術) 

後方 (低侵襲脊椎手術)

31

8(8)

27(15)

65

14(13)

51(34)

内視鏡下手術   16 17
胸腔鏡視下手術 1 6
その他 8 7
合計 98 184
再手術 3(3%) 3(1.6%)